読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいまいな宇宙の全て(後編)

前回のブログでは、あいまいさについて言及した。 私はこの世界は基本的にあいまいで、だからこそ自分で決めた通りになってしまうことを知っているので、続きを書くのが憚られた。 白黒の勾玉でできた円の、白には黒の、黒には白の、それぞれの小さな点があ…

あいまいな宇宙の全て(前編)

タイトルを結構考えたけど、無難なものにした。 大江健三郎は川端康成著「美しい日本の私」について、『きわめて美しくきわめてあいまい』と言っている。その際のあいまいには<vague(ヴェイグ)>が使われている。vagueの意味は<漠然とした>とある。 他…

Sくんへ

何から話したらいいのかな。 電話をもらった時は3時まで眠れなかったよ。Sくんのことを書きたかったのに、他のエントリを先に上げてごめん。自分の中でなかなかまとまらなくて。 前に「ブログ読んでるよ〜」って言ってくれたから一縷の望みをかけてここに書…

天丼とお約束

題名でピンとくる人はお笑い好きですね。 お笑いで言うところの『天丼』は同じボケを何度も言うことを指します。これは天丼にエビが2本入っていることから来ているそうです。 私は空手をしているので大会などで記入する用紙に身長・体重を書くので薄々バレる…

日常生活がうまく送れない人というのは具体的にこうなっている

「日常生活がうまく送れない」と嘆く少数の人には「あるある」なんだろうけど、具体的に何がどうできないのかをうまく説明できる、という人も少数だろう。 だからここは一つ、私が出張って書いてみようと思う。 私は縁あって文章を書いたり遊んだりして暮ら…

『結核』『頚椎椎間板ヘルニア』『ヘアカラー』後編

先日、 耳鼻科に行って総合病院の循環器内科に行くように言われたその日の午後には総合病院に電話をしていた。 「すみません、循環器内科にかかりたいのですが受付の曜日や時間を教えて貰えますか」 総合病院なら、大きいのだろうし、物事がすっと行くと思っ…

『結核』『頚椎椎間板ヘルニア』『ヘアカラー』前編

突然ですが私は空手をやっているのですが、稽古中に回ったり、まあもっと言えば首を回したり、そんな時に目が回る事があって困っていた。 師範にも「関東大会が近いから、治してから稽古した方がいいのでは」と言われてまずは耳鼻科に行ってみた。 耳鼻科に…

千葉県習志野市奏の杜

習志野市、津田沼駅の南口が開発されて、谷津一丁目、二丁目が「奏の杜(かなでのもり)」という地名に変更された。 なぜかというと、にんじん畑がどうのこうのなって、大型の高級マンションが建ったためだ。 マンションを買って奏の杜に引っ越して来た人の…

立浪がうちに来た話

昔、と言っても小学生のころ、書店に行ったら旅の雑誌がいくつかあった。 東京、大阪、京都、福岡、北海道、名古屋…etc. それらを眺めていて私はピーン!ときたね、ピーン!と。 賢い子だったからね。 「名古屋だけ県じゃない!!」 正式には愛知県名古屋市…

「岡村靖幸、A、私」

私の最近のツボは岡村靖幸で、最近と言っても岡村ちゃんじたい、ずっと前から活躍してて、「早熟」のアルバムを見て、確か「そめやじゅんいち」さんて人がデザインしてて「私もデザイナーになったろ!!」と思った記憶がある。 岡村靖幸自身は、手の届かない…